• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2020.08.11 トリーター:加登岡

2020/08/11 続々誕生


私の担当生物にちょっとしたベビーラッシュ?です。
新着生物でもご紹介したのですが、当館で飼育中のイヌザメの卵が孵化しています。
現在展示している赤ちゃんは3月23日に産卵した卵から7月24日に孵化しました。
だいたい4カ月ほどで孵化します。

当館では卵生のサメの繁殖はトラザメ以来、ひさしぶりとなります。また、イヌザメとしては初めての繁殖です。今までには、卵を購入して孵化したことはあったようですが、当館で飼育している親が交尾して、産卵、孵化までが初めてなのです。

トラザメは10カ月程で孵化します。ただ、水温の影響で孵化のスピードが変わるらしく、13℃で飼育しているときにこれくらいの期間で孵化するようです。
イヌザメはというと水温25℃で飼育していました。
サメ水槽にいる親ザメ達はポコポコ産卵します。しかし、その全ての卵が発生するわけではなく、1カ月くらいの間で発生がみられない場合は、卵の中の卵黄が崩れて腐ってしまいます。

現在、バックヤードでは3月30日に産卵した卵から、8月5日に2匹孵化しました。
餌のコマセやアジとイカの小さい切り身をモリモリ食べてくれます。
ピンセットで口の近くまで持っていくと、スッと吸い込んで食べてくれます。
匂いに反応して、探し出す姿もかわいらしいです。


白黒はっきり色が出ているのは赤ちゃんの時だけですので、大人になるにつれて色は灰色になっていきます。お見逃しが無いように。


そして、バックヤードには卵の中ですくすく成長中の個体が1匹います。
孵化まで油断はできませんが、うまく孵化してくれればいいなと思っています。

太平洋





見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!