• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 研究発表

研究発表

相模湾の汽水域で確認されたカニ類 -特に北限産出となる希少種の記録について-

2018年08月 Cancer 27 P17-27 (日本甲殻類学会)
伊藤 寿茂 ・ 勝呂 尚之



相模湾の汽水域で確認されたカニ類
-特に北限産出となる希少種の記録について-

伊藤 寿茂(1) ・ 勝呂 尚之(2)
 (1) 新江ノ島水族館
 (2) 神奈川県水産技術センター内水面試験場

相模湾は生物の宝庫と言われ,多くの生物種が記録されている(藤田・並河,2007).十脚類については,湾内とその周辺海域から計870種以上が記録されており(駒井ら,007),淡水棲や汽水棲の種の記録も増加が続いている(一寸木,2002;田中ら,2004;伊藤,2007;小宅・藤川,2009a, 2009b;伊藤・根本,2012;丸山,2012;北野・寺田,2015;丸山,2015a,2015b;横岡ら,2015;岸ら,2016;伊藤,2017;丸山,2017;伊藤・島津,2018).
著者らが2015年から2018年にかけて相模湾の流入河川の下流域や,河口に形成される汽水域でカニ類相を調査した結果,北限記録や相模湾初記録となる分布上稀有な種(以下,希少種と表記)を複数確認した.他の確認種と併せてその生息状況を報告するとともに,標本に基づく希少種の形態的特徴,既知の分布域との関係について記す.

Body Surface Deformation of Spotted Seal in a Rapid Swimming

飼育下で判明したトンガリササノハガイ幼生の宿主魚類

秋に放出された琵琶湖産ドブガイ属幼生の宿主魚類

アカウミガメの産卵立地としてみた砂浜の環境特性 -2017年 葉山町一色海岸の事例-

神奈川県立生命の星・地球博物館に展示されていたウシマンボウの剥製標本

江の島の潮間帯および潮下帯浅所の海藻相

相模湾初記録となるツブイボショウジンガニ Plagusia immaculata Lamarck, 1818

相模湾および駿河湾で得られたフトツノザメ Squalus mitsukurii (ツノザメ目ツノザメ科)の成長に伴う形態変化について

相模湾・東京湾沿岸で記録されたハナゴンドウ(クジラ目:マイルカ科)について

1才未満のバンドウイルカにおける取り上げおよび強制給餌

症例報告:オタリアにおける機能性胃腸症疑いとその治療例

スクーチカ症に対する低塩分治療の試み

高齢ゴマフアザラシの受診動作訓練について

水族館併設施設におけるイルカプログラムについて ~なぎさの体験学習館での事例~

シチヨウシンカイヒバリガイ硫化物添加飼育水槽の評価と水槽環境調査の試み

小型の水中ドローンを用いた相模湾の深海生物調査

新江ノ島水族館における豚丹毒菌感染症の最近の症例

日本に初めて打ち上げられたシロナガスクジラ

アオウミガメ輸送時における保温方法の検討

水温制御によるアオウミガメの繁殖行動の変化

Experimental Captive Breeding and Exhibition of Post-Larvae "Shirasu" of the Japanese Anchovy Engraulis japonicus

What dose Calyptogena sp. move looking for? ~Behavior observation of Calyptogena sp. in rearing tank~

カタクチイワシの仔魚に認められたアミルウーディニウム症

藤沢メダカの野生復元に向けた取り組みについて

飼育下バンドウイルカにおける卵巣嚢腫治療の試み

新江ノ島水族館における豚丹毒菌感染症の最近の症例

「絶滅危惧種の寄生虫」イシガイ類のグロキディウムの宿主解明

魚類寄生虫を指標とした水質管理を目指して

In situ vital staining for chasing the galatheid crab Shinkaia crosnieri on deep-sea floor

相模湾の汽水域で確認されたカニ類 -特に北限産出となる希少種の記録について-