• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2016.09.15 トリーター:足立

2016/09/15 中秋の名月に流星海月について語る

えのすいクラゲの夜間採集
えのすいクラゲの夜間採集

リュウセイクラゲは昨年発見された、新種のクラゲです。(詳しくは、えのすいHPの新着生物をご覧ください。)

「リュウセイクラゲを世界で初めて展示しよう!」

クラゲチームで去年掲げた目標でしたが、残念ながら去年はカスリもしなかったという感じで、目標達成できませんでした。
しかし今シーズンは、7月31日に1個体が採集され、この個体自体は形が変形してしまい、展示には至りませんでしたが、続いての入手と展示に向けて、一気に気分が盛り上がりました。
そして、ついに、年に1度の9ラゲの日スぺシャル企画「えのすいクラゲの夜間採集」で、今シーズン2号目と3号目のリュウセイクラゲをご参加の方が相次いでがゲット!翌日から展示を開始しました!
ご参加のみなさま、ありがとうございました!


リュウセイクラゲ

夜間採集では、精巧な目を持ち、光に敏感なアンドンクラゲが、灯火の下にこれでもかというほど集まってきました。その中に混じって、リュウセイクラゲもやって来たのです。


アンドンクラゲ

「リュウセイクラゲ」。素敵な名前ですね。
見た目が流れ星のようだから、ということで命名されたのですが、これが実は、ただの流れ星ではないのですよ。
2010年にフジテレビで放送された月9ドラマ「流れ星」をご存知ですか?
えのすいが舞台になったドラマです。
Wikipediaによれば、主演の竹野内 豊さんが、子どもの頃クラゲを上から見ると星に見えたという話をしたことがきっかけで、ドラマのタイトルが「流れ星」になり、コブクロさんが歌う主題歌も星を意識して「流星」になったというのです。
そして、このリュセイクラゲを発表した北里大の研究チームも、かたちが流星に似ていることに加えて、最初に「このクラゲ、なんか他とちがうぞ」というきっかけになる1匹を採集したのが、「流れ星」の舞台になったえのすいの近くだったから、「リュウセイクラゲ」と名付けたのだという、嬉しい裏話があったのです。

アンドンクラゲとのわかりやすい違いは、上から見たときに、リュセイクラゲにはミズクラゲの生殖巣のような、4つの馬蹄型あるいは四つ葉のクローバーのような白い模様(胃糸の集まり)が見えることです。
飼育の難しいグループなので、あまり長くは展示できないかもしれませんが、また夜間採集に行って、リュウセイクラゲを多くのみなさんに、ご紹介したいと思います。

※リュウセイクラゲの展示は終了いたしました。

クラゲファンタジーホール


このエントリーをはてなブックマークに追加
見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!