• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2017.01.03 トリーター:佐野

2017/01/03 大水槽の鳥たち

タカノハダイ
タカノハダイ

あけましておめでとうございます。2017年は酉年です。年末にテーマ水槽の鳥にまつわる魚についてお話ししたばかりですが、今日は大水槽の鳥にまつわる魚をご紹介します。

まずはタカノハダイ、茶褐色のしましま模様の体に水玉模様の尾鰭が特徴的です。その模様が鷹の羽に似ていることからこの名がついたと言われます。そして大水槽のタカノハダイのうち1尾はとても人懐こいので、本物の鳥よろしく手乗りになります。

そしてツバメウオ。幼魚の頃はその姿が飛ぶツバメのように見えることが由来です。こちらも人懐こいので、近づいて顔に軽く触れると一緒に泳いでくれます。



さらにヒラニザ。こちらは胸鰭をぱたぱたさせて泳ぐ様子が鳥のように見えます。やっぱり人懐こいので潜れば顔の周りをうろうろします。


もうひとつカラスエイ。お腹も背中もまっ黒なエイです。鼻先をつつくとやってきて、ダイバーにさんざんまとわりついた後、くるっと丸まり、でんぐり返りをしながら下降していきます。


さて、ここでお気づきの方もいるかと思いますが、今紹介した魚たちはみんなダイビングショー「uogokoro(うおゴコロ)」のメンバーたちなんです。
このほかにもスズメダイやイサキ(英名がチキンフィッシュ)など、鳥にまつわる魚がいますよ。ぜひ探してみてください。

uogokoro(うおゴコロ)


このエントリーをはてなブックマークに追加
見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!