• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2018.07.19 トリーター:山本

2018/07/19 カツオノエボシの魅力その3【赤ちゃん生まれました!】

カツオノエボシの魅力シリーズ第3弾!
全国のカツオノエボシ(Physalia physalis)ファンのみなさんにご報告です!
なんと、えのすいでカツオノエボシの赤ちゃん(protozooid)が生まれました!!
いくら論文やネットで探しても画像を見つけられなかったので、もしかしたらかなり貴重な情報かも!と、クラゲチームで勝手に盛り上がっております(笑)
この興奮をぜひみなさんも味わってください!

始まりは7月5日。えのすいの近くで久しぶりにカツオノエボシが打ちあがっていました。
そこで、6群体の生殖個虫のみをビーカーに入れていたら、2日後(7月7日)に謎の塊が観察されました。
それがこちら↓


一つ一つに白い点のようなものがあり、観察しているとゆっくりその場で回転しています。
サイズは 0.5mmほどです。
カツオノエボシは、一生を浮遊して生活するため、どのような卵や幼生であるのか情報がほとんどありません(専門の研究者が少ないのでしょうか・・・??)。
そのため、半信半疑で「これはカツオノエボシの卵?幼生?それとも全く違う何か?」と、全然正解がわからないまま、ひとまずビーカーで飼育を続けておりました。
すると、4日後(7月9日)に形の変化が見られました↓


「なんか、生き物っぽい!」と、皆でテンションが上がりました。サイズは0.7mmほどです。
20秒に1度くらいで体を折り曲げるような動きをします。ただ、他のクラゲとは発生の仕方がまったく違うため、まだカツオノエボシかどうかわかりません・・・。
「わかんないけど、とりあえずそのままにしとこう!」と軽い気持ちで待っていると、5日後(7月10日)にはまたまた変化が!
動画もあります!↓






この写真は違う2個体(もう群体?)です。
1日に1度しか観察をしていなかったので、突然の大きな変化に驚きました!
動く・・・! かなりそれっぽい・・・!
サイズは 1mmほどです。栄養個虫らしきもの(刺胞っぽいものがありました)があり、2つの塊がほとんど同じような形になったので、カツオノエボシの赤ちゃん(protozooid)と判断しました!
そして、研究者の方にも画像を送ってみたのですが、ほぼ確実にそうだとのことです!
わーい!
ただ、体の構造がいまいちわかりません・・・
図鑑に載っていた図と全然違うし、どこが気胞体でどれが口だろう・・・?
正常に発生していない可能性も捨てきれません・・・。
実は、19日(木)現在、残念ながらこれらはバラバラになって溶けてしまったのです・・・。
傷つけてしまうのが怖くてなかなかいじくれなかったのですが、次の機会にしっかりと観察しようと思います!

残念ながら、今回はここまでしか進めませんでした。
しかし、この方法でprotozooidになるまでは育てられることがわかりましたので、次にカツオノエボシが打ちあがった時は、温度や飼育容器等をいろいろ工夫して、もっと大きく育てられるようにチャレンジします!
また、今回はプラヌラ幼生の状態を見逃してしまった(1枚目の写真は恐らくプラヌラから進んでしまった状態です)ので、次回は見られるように観察してみます!
今回の経験で、カツオノエボシ繁殖の夢に向けて大きな一歩を踏み出しました!
これからもどうぞご期待ください!!

クラゲサイエンス


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!