• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2018.08.22 トリーター:加登岡

2018/08/22 チリ、チリン


最近のトリーター日誌で、セブンのいろいろな練習を載せています。
それだけセブンは何に対しても、積極的にチャレンジしてくれます。
今回はコーリングのトレーニングの話です。

まず、コーリングとは音の鳴る道具で、この音の鳴った所にイルカたちに来てね、と伝えるものです。
これを覚えると、動物を今の場所から他の場所へ移動することもできるようになります。
そのためにこのコーリングの意味を学習する練習をしています。

始めはこのコーリング、セブンにとってはチリンと音がするただのうるさい物でしかありません。これを意味のある物にしていきます。
まずは近い距離から2人のトリーターの間を行ったり、来たりします。この時にあっちに行ってねと、行って欲しい人の方へ指をさします。するとセブンはそれを目線で追って何となく、指先の方を見ます。この時に来てほしい人はコーリングを水中で鳴らし、アピールします。なおかつご褒美の魚を準備します。これを繰り替えすことで、コーリングが鳴った時にその場所で魚がもらえることを学習していきます。

近場でこれが行えるようになったら距離をどんどん離します。そうすることで、初めは視覚で向かう地点を確認していたことが、音を聞いて聴覚に頼るようになります。そして、コーリングの音の鳴った所に来てね、と伝える道具となるのです。

セブン担当で試行錯誤をしながら練習中です。まだ、迷ってしまい、音の鳴った所に来ても、トリーターのことを見る前にUターンしてしまうこともあります。
ちょっとずつセブンのペースに合わせてトレーニングを進めています。ぜひ成長中のセブンを見に来てください。

イルカショースタジアム


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!