• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2018.08.23 トリーター:鈴木

2018/08/23 アカイサキ性転換しました

アカイサキ
アカイサキ

こんにちは、鈴木です。
今回は沿岸水槽で飼育中のアカイサキの話です。

まずアカイサキという魚のご説明・・「イサキ」と名前には付いておりますが、鮮魚店でお馴染みのイサキの仲間ではなく、大きな口が特徴のハタの仲間です。
水深40~300m程の深場にすむ魚で、水槽では岩などに付いたり、中世浮力で漂ったり、ゆったりと泳ぐ魚です。

何とも上品できれいな赤色(朱色)をしておりますが、オスとメスでは体色が異なり、メスは、オスに比べ赤色が濃く、背びれから背にかけて複数の薄茶色の斑紋があります。一方、オスは体が全体的にピンクがかり、雌よりも色鮮やかで、背びれの黒い斑紋と目の周りに歌舞伎のメイクのような黄色い筋模様が入ります。

このアカイサキたちは昨年の1月にトリーターが船釣りで採集しましたが、深いところから上がってくるため、ダメージも大きく、釣り上げた後に船上で生かすのが難しい魚です。
できるならば、オス、メス両方持ち帰れれば良かったのですが、オスをうまく生かすことができず、メスのみを数匹持ち帰り現在の展示に至りました。

さて、そんなアカイサキたちですが、その後飼育は順調に進み、約1年8か月後・・先日ふとアカイサキの水槽を見ていると、何やら一際派手なアカイサキが一匹いるではありませんか・・!?あれ?オスはいなかったはず・・。お、まさか・・。そうです、メスがオスに性転換していたんです。


アカイサキ(オス)


アカイサキ(メス)

実はこの魚、メスからオスに性転換する魚で、図鑑などには、小さいうちはメスとして暮らし、30cmほどからオスに性転換すると書いてあります。
確かにいちばん大きな(元)メスがオスに性転換しており、ちょうど30cmくらいです。
もっとよく観察していれば性転換の途中が見られたかもしれません。次回、他の個体の性転換の際には注意して見てみたいと思います。

性転換は魚類では珍しくなく、今回のようなメス→オスだけでなく、オス→メス(クマノミなど)の場合もあり、調べれば多くの魚が普通にしています。(オス、メスで見た目があまり変わらない魚も多いので見た目では分からないだけです)
ただ、知識としては知っていても目の当たりにするとやはり驚きますし、何より感動します。

それに順調に飼育ができている証拠でもあるので、とても安心しました。
ただ、これから皆が大きくなるとすべてオスになってしまう可能性もあるのでしょうか・・(成長は嬉しいですがそれはちょっと複雑です)。もしオスがハーレムを作る魚ならば、他のものはメスのままだと思いますが・・。
引き続き観察していきたいと思います。
やはり順調に飼育ができると色々なことが分かってきますね。

やや暗い水槽ですが、アカイサキをご覧の際にはオスも探してみて下さいね。
隠れていることも多いので、その時はどうか悪しからず。

相模湾ゾーン


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!