• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2018.11.02 トリーター:小森

2018/11/02 カワウソと握手、始まります!


オープン当初から「飼育準備中」のシールが貼られひっそりと存在していた部屋をご存知ですか・・・?
そう、それが握手部屋、私たちトリーターの中ではふれあいエリアと呼んでいる場所です。そしてお待たせいたしました! そのふれあいエリアにて11月3日から「カワウソと握手」が始まります!

カワウソの展示が始まって早8ヶ月。どうしてこんなに時間がかかったかって?
決してもったいぶっていたわけではありません。理由があるのです。
今回は握手が開催されるまでの長く険しい道のりをみなさんにお伝えしようと思います。

3月3日にオープンした「カワウソ~木漏れ日のオアシス~」。カワウソたちが環境に慣れてきた4月7日からふれあいエリアプロジェクト(今勝手に名付けました)は始まりました。
まずはふれあいエリアへ続くトンネルの蓋の開放です。
しかし最初はトンネルを怖がり入ってくれませんでした。ごはんで呼んでも全く来ない。氷をトンネル内に投げ入れてみても入らない。
これはどうしたものか・・・ととりあえず毎日蓋を開けてようすを見ていたところ、数日後には通るように! ただ、肝心のふれあいエリアには降りてくれません。


どうも、少しつるっとした階段の感触が怖いようで降りて来ないのです。
そこで4月16日から今度は係がふれあいエリアの中に入り、ヨモギとミサキを呼ぶことになりました。ごはんを見せ、おいでー怖くないよー! と誘いますが、悲しいことにいっっっっっっさい降りません。
このままでは先に進めないということで、降りて来やすいように5月上旬にIトリーターが主要な場所に木の板を設置してくれました。
さぁ、ここまでお膳立てしたらさすがに降りて来るだろう!

ではその結果をご覧ください↓(※音量注意)


はい、降りませんでした。
「降りられないって言ってるでしょー!!!! 早くごはんちょーーーーだーーーーーい!!!!」
と叫んでいるミサキです。

これは参った!
それでももう少ししたら降りて来るかも? という望みを持ってトレーニングを続けます。
そして何も進まない日々が続き、しびれを切らしたIトリーターがさらに木の板を設置し、5月22日にはまるでキャットタワーのような豪華な設えが完成しました。
それがこちら!↓



さあ、ここまでやればさすがに降りるだろう!
念のため彼らの大好きなドンゴロス(麻袋)をセットし、蓋を開けたところ…


降りた!!!
ふれあいエリアを開放してから1ヶ月以上経ちやっと第一関門突破です。
ここからは握手穴に手を入れてごはんを食べる、というトレーニングを開始していきます。

実はこのトレーニング自体は簡単なんです。
コツメカワウソは水辺に生息している動物であるため、魚のほかにもエビやカニ、貝などを食べているのですが、これらは石の下や岩の隙間に隠れているため、隙間があると手を入れて探る性質を持っています。その性質を利用し各地で行われているのがカワウソとの握手体験なのです。
そのためヨモギとミサキも第二関門はやすやすと突破しました。


ただ、それで終了ではなく新たな問題も発生しました。
それは…


穴の取り合い!!
当館のふれあいエリアには握手穴が2か所あるのですが、はじめは2頭とも上の穴を取り合っていたのです。
この戦いを制したのはヨモギ。ミサキがどんなに手を入れようとしても押しのけいっさい動かず、とうとうミサキが諦めて下の穴に移動してくれたのです。


この時点で6月10日。ふれあいエリア開放からすでに2ヶ月が経ってしまいました。

ですが、場所さえ決まればあとは練習あるのみ!
ヨモギは10歳ということもあり、非常に安定して握手をやってくれました。問題はミサキ。1歳で落ち着きがないためすぐに離れてしまうのです。
このままではお客さまと握手はできないということで、集中してできるようになるまで練習を続けていくと、いつの間にか8月に。では8月から握手開催かというと、残念ながらできませんでした。
なぜなら、ここまでIトリーターが設置したキャットタワーのまま練習を行っていたからです。ただひたすらに練習をしてきましたが、最終目標は補助として設置したキャットタワーを外した状態での握手開催です。

ただ、せっかくここまで頑張ってきたのにキャットタワーを外してしまったらまた降りなくなるのでは?という懸念もありました。
そこで、Iトリーターのキャットタワーを元に新しく設えを作っちゃおう! ということで、いざ、工事です。
1ヶ月以上かけ、どんな形がいいか、どんな肌触りならカワウソが安心して降りて来られるかを話し合い決めていきました。そして9月末に着工し、新ふれあいエリアが完成しました!


関係各部署の方々もこれなら降りるだろう、と期待をしていましたが、そこですんなりと解決しないのがお決まりです。

10月11日に新ふれあいエリアを開放しましたが、なんと、ミサキが降りません! え、ここまできて? 11月から握手開始のリリースが出ているのに?
いやぁ、焦りました。ヨモギは初日から問題無く降りて来たのですが、ミサキは次の日も、その次の日も降りません。しまいには、降りたヨモギを鳴いて呼び戻してしまいます。

そこで10月14日にヨモギの大好きなドンゴロスを床に設置し、ミサキが呼んでも戻らないようにできるか試してみました。
結果は…成功! どんなにミサキが呼んでもヨモギは戻りません。1頭でぬくぬくとふれあいエリアの床で寝転んでいます。
すると、とうとうミサキも諦め降りて行きます。どう考えても安全な道のりを、腰が引けながらおどおどと、ゆっくりゆっくり降りて行きます。
そしてなんとか無事に床に到着! よかったーーーーー!


ミサキが頑張って降りてきたのもお構いなしにヨモギは一足先に寝ています。
一度降りてしまえばもう大丈夫。あんなに怖がって降りなかったミサキも今では駆け下りたり駆けあがったりしています。

さあ、これでもう不安の種はなくなった! かと思いきや、またまたミサキ。あんなに上手にできていた握手ができなくなっていたのです…。やっぱり1歳、まだまだ子どもですね。
握手してごはんをもらっては離れ、ごはんをもらっては離れを繰り返しています。
まあ、それも個性かな。落ち着きのないミサキ。ヨモギ程の貫録を得るにはまだまだ長い月日が必要なようです。

さあ、明日からはどうなるでしょうか?

現在、Web申込みにて握手体験を受け付けています。決して完璧とは言えない握手かもしれませんが、頑張っている2頭の姿をぜひ目の前で感じてみてくださいね!
みなさんのご参加、お待ちしております!

[ カワウソと握手 ]

カワウソ~木漏れ日のオアシス~


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!