• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2019.05.18 トリーター:伴野

2019/05/18 飼育員のとある妄想


みなさん、こんにちは!
最近は暖かい・・・ 暑いくらいの日々が続いていますね。
体調管理には気をつけましょう。

今日は近頃の私の妄想をちょっとご紹介。

もともと魚も好きな私。
最近、S木トリーター、K登岡トリーター、H上トリーターと一緒によく釣りに行くのですが、釣り上げた直後の生きている魚を見ているとあることを考えます。

水族館で飼育している動物たちに、この魚を見せたらどんな反応を見せるのかなと。
本来、自然界では生きたままの魚をあの手この手で捕まえて捕食していますが、水族館では一度冷凍した魚を手渡しで食べています。
恥ずかしながら飼育員である私は、生きている魚を追って食べるイルカやアシカたちの姿を生で見たことがほとんどありません...

自然界で体験できることは極力実現させ、少しでも豊かな生活を送ってもらいたい、そんな姿をみなさんと一緒に見てみたい。

そこであることを妄想中です。
題して「イルカの食事について学ぼう」(仮)

自分たちで生きた魚を採集。
寄生虫のリスクを無くすため、しばらく駆虫薬を与えて飼育。
イルカやアシカたちのプールに投入し、行動を観察する。

個体によって好きな魚種はあるのかな
水族館生まれのメンバーはどんな反応になるのかな
どうやって捕食するのかな

実現できるかどうかは全くの未定ですが、ぼんやりと構想中。
飼育員の頭の中では常に、飼育生物に何ができるか、生物の魅力はどうやったら伝わるかなと、こんなことを毎日妄想しています(笑)

この日誌を書いている今頃も、海のどこかではイルカたちが魚を追って泳いでいるのかなぁ。

それでは、本日はこの辺で!


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!