• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2019.09.04 トリーター:城戸

2019/09/04 親離れ


5月12日にふ化したフンボルトペンギンのヒナが親離れの時期を迎えました。
きっかけは、育てていた「ハク」と「セサミ」が羽がわり(※)に入ったことです。
羽がわりと子育てを同時に行うのは、体力的に負担が大きくなってしまいます。
なので、ヒナと親を別のところで飼育をし始めました。
そうなると、ヒナにはトリーターから魚を貰うことを覚えてもらわなくてはなりません。

トリーターが与えた魚を食べる。普通のことに思えますが、大人のペンギンたちもヒナの時に覚えてきたことなのです。
これがすぐ覚えたり、覚えるのに10日以上かかったりとペンギンによって変わってきます。

今回のヒナは正直、時間がかかるだろうな、というところからスタートしました。
というのも、キーになるのは、ヒナの体重です。
ヒナの体重が大きいと「お腹が空いた!! もうお腹が空いた!!」ってなるまでに時間がかかってしまいます。
今回のヒナは最初に魚を与えた日がいちばん重たく、3600gありました。
これは長期戦かな・・・?

普通は、第一段階としてヒナのクチバシを開けて魚をノドの奥に入れていきます。
これで、お腹がいっぱいになる感覚をヒナが覚えると、クチバシを少し開くだけで魚を飲み込む行動が出てきます。
そして少しずつ自分からクチバシを開けて食べるようになります。
今回のヒナは10日目を迎えてやっとクチバシの端から少しくわえさせただけで食べるようになりました。
普通に食べるようになるには・・・・あと5日はかかるかもしれません。

ヒナの大人への一歩!
ヒナと一緒に頑張ります。

※羽がわり:年に1度、全身の羽を生えかえることです。

ペンギン・アザラシ


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!