• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2020.02.05 トリーター:黒川

2020/02/05 初めての展示変更

みなさん こんにちは! 最近は暖かい日が続いていますね!
こんな天気の日にウミガメの浜辺にいると、本当の浜辺でゴロゴロまったり過ごしたいな~なんて思います。

実は先日、水槽の展示変更を行いました!
今回はその時のお話です。

今回、新しく展示を始めたのは、インコハゼです。


インコハゼは体長 13~18センチのハゼで、マングローブが繁るサンゴ礁内湾の、マングローブや枝サンゴの根元などの奥に暮らしています。
日中は巣穴に潜んでいますが、夜になるとエビなどの甲殻類を襲って食べ、日本では、琉球列島で見ることができるそうです。

「あぁ~沖縄行きたいな~」なんて考えながら、早速せっせと水槽のレイアウトを作っていきます。

大きな流木を水槽の中に組んで、黒い石を置いて・・・
水槽が完成したので、Kトリーターにレイアウトを確認してもらったら、
「マングローブじゃなくて、河口(川の水が海に注ぎ込む場所)っぽい」
と言われてしまいました。ショック。
(ショックのあまり水槽の写真を撮り忘れました)

Kトリーターと、マングローブをイメージした水槽作りのスペシャリスト、Iトリーターにいろいろアドバイスをもらいながら、改めてレイアウトを作っていきます。

マングローブだから、ヒルギのような細めの枝やツタっぽい草木を使ったほうが雰囲気が出るよ!
底の砂の色と、石の色は合わせた方が自然だよ!
落ち葉なんか入れてもいいと思うな!
インコハゼが潜んでいるようすも再現できたらいいね!

などなど、アドバイスをもらい、改めて完成した水槽がこちら!


なんとなくマングローブの根元を表現できたのではないでしょうか?
組んだ石の間に隠れられるよう、少し隙間も作ってみました!
インコハゼも狙った通り、木や岩の隙間に隠れています。


水槽のレイアウトを作るときは、その生き物が生活している環境を作ることが第一歩だなぁと実感しました。

皇室ご一家の生物学ご研究


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!