• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2020.07.25 トリーター:今井

2020/07/25 金魚展の補欠選手のご紹介


7月は、星空を眺められる日がとても少なかったのですが、「天体」にちなんだ珍しい品種も考えていました。
現在、展示している龍鱗(大きなウロコ)の品種(ドラゴンスケールオランダ、リュウリンランチュウ)においては、「りゅう座」という夏の星座があることを今更ながら知りました。


上段中央の展示水槽

そこで、「半月」にちなんだ品種も展示検討していたので、写真だけご紹介いたします!


ハーフムーンテールオランダ(協力: トロピカルフィッシュ佐野別館)

また、バックヤードには今回のテーマ「江の島散歩」の補欠選手がいるのですが、出番が無かったため、せめて動画だけでもご紹介させてください。

イルカキンギョ → “えのすい”イルカショーご案内役
(注:この個体は品種ではありません。また、背ビレがうまく揃っていませんので、展示には至れませんでした・・・が、とてもよく慣れていて、前を向いてサインを待っているように見えます。)


本来は開き尾のワキンで、不完全な背ビレをもつ個体を業者さんがこう呼ぶこともあるそうですが、大抵は流通前に選別されてしまいます。それでも一時期、平たい尾ビレを持ったワキンの品種化が試みられたようです。

さて、この夏から金魚を飼われる方も多いと思いますが、長生きしてもらうには、それぞれの品種(また同品種でも成長段階)に向いた飼育方法があります。
・浮き葉の水草を入れた屋外の睡蓮鉢。
・砂利を敷いた底面フィルターの水槽。
・エアーストーンで送気のみのトロ船(上段中央のセメントを練る容器)。
など、好みの容器で楽しむ場合は、それぞれ環境や管理が異なってきますので、好みの金魚が飼育可能か否か、お店の方によく相談して購入してくださいね。
当館のテーマ水槽にはオーバーフロー(集中ろ過)システムが設置されていますが今は運転せず、金魚ではスポンジフィルターを使用して、毎朝こまめに換水と糞掃除をしています。
まずはうまく飼育できている方法を真似してみましょう。
あとは、不思議なことですが、興味を絶やさずこまめに見てるだけでも、うまくいってる気がします。

テーマ水槽


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!