• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 航海・採集日誌

航海・採集日誌

2020.01.07 トリーター:杉村

2020/01/07 相模湾・伊豆小笠原海域調査航海(1)
航海日誌1日目

期間:2020年1月7日~1月11日
場所:相模湾・伊豆小笠原海域
目的:シンカイヒバリガイ類の共生細菌取込みに関する研究航海


みなさん、こんにちは!
実に1年半ぶり3回目の新青丸の調査航海です。
今回の調査海域は、相模湾と伊豆小笠原海域です。
相模湾は、2016年以来ですから3年半ぶりくらいになり、とても久しぶりの調査になります。

2020年の第1回目の航海です!
ちょっとドキドキなのですが、なんと海況が良くないらしい・・・
昨日の6日に航海の積み込みを行い、その時に乗船研究者のみなさんとお話しをしたところ、太平洋岸から沖にかけて、大きな低気圧が来ているとのこと。
げげっ! 全く天気を気にしていなかった自分が・・・
完全に油断してました!!
そのため、急遽 2時間も早く出港することに・・・
本日朝 6:30頃には、JAMSTECの横須賀本部岸壁に停泊中の新青丸に乗り込み、8時に出港しました。


JAMSTECに到着!・・・まだ暗いです。


朝早いにもかかわらず、JAMSTECの研究者や職員の方数人が、我々を見送ってくれました、ありがとうございます・・・涙。


・・・そして、お昼には相模湾の初島沖に到着し、直ぐに記念すべき2020年初ダイブ(HPD#2098)です。
※今まで私の乗った航海では出港したその日にダイブすることは無かったのですが、今回は海況が悪くなるとのことで、このようになりました。

相模湾の海底 900m地点の目的地に迷うことなく一発到着です。
海底での作業は 2時間です。
ROVによる深海での作業の 2時間は非常に短く、船上で行う実験用のヒバリガイサンプルの採集と、現場に設置されていた実験装置の回収を何とか時間内におこない、本日のミッションは終了しました。


ハイパードルフィン潜航開始!

相模湾の海底は久しぶりですが、シンカイヒバリガイやヘイトウシンカイヒバリガイの大きなコロニーは健在で、手の平サイズのヒバリガイから米粒ほどの小さな稚貝までハイパードルフィンのカメラに映し出されました。
密集したヒバリガイの隙間には、サガミハイカブリニナやゲンゲの仲間、オハラエビ、クモヒトデなどが数多く観察出来ました。
ヒバリガイコロニーから少し浅場の 850m付近では、シロウリガイの巨大コロニーも健在で、みんな元気良さそうで安心しました。
それぞれのコロニーの周囲にもホラアナゴの仲間やソコダラの仲間、海中には多くのマリンスノーとそれに混じってヒドロクラゲや浮遊性の甲殻類たちを観察出来ました。
荒涼とした深海底で深海生物を見つけることはとても大変なことですが、シロウリガイやヒバリガイたちが集まる湧水域で、とても多くの深海生物たちにまた会えてとても嬉しい気持ちになりました。

午後 5:00 ハイパードルフィンが新青丸の甲板に揚収されると・・・
研究者のみなさんはサンプルの処理、私は生物のソーティング作業と飼育管理の仕事を夜遅くまで慌ただしく行いました。


ラボでソーティング中の私

明日は、伊東沖に低気圧を避けての避泊になります。
航海初日、バタバタと過ぎてしましました。
明日は少しは落ち着いて仕事が出来るかな・・・?
それよりもこの海況で小笠原には行けるの?

ではまた、明日。


JAMSTEC(海洋研究開発機構)KS-20-1 新青丸/ハイパードルフィン 「シンカイヒバリガイ類の共生細菌取込みに関する研究航海」を目的とした調査航海

新江ノ島水族館は、JAMSTECと深海生物の長期飼育技術の開発に関する共同研究を行っています


2019.12.26 トリーター:足立・西川

2019/12/26 豊潮丸 硫黄島周辺海域生物採集調査航海(8)
航海日誌 8日目/足立

期間:2019年11月1日(金)~2019年11月8日(金)
場所:鹿児島県硫黄島周辺海域
目的:ドレッジやプランクトンネット、潜水による生物の採集および海洋環境調査


豊潮丸を下船してから1か月半が過ぎました。
今頃(8)?と思われている方もいらっしゃると思いますが、12月14日に、タイワンホウキガニの展示を開始しましたので、今回の報告をもって、この航海採集日誌を締めたいと思います。
採集から展示まで、今回は結構日数を要しましたが、新しい生物を展示するためには、まずバックヤードの予備水槽で体のようすや摂餌などの状態を確認します。
展示する場所が決まったら、その水槽用の解説板を作ります。同時に、もともと展示していた生物の引っ越し先を整え、すべての準備が整ったところで入れ替えを行います。
そして、こちらがその展示水槽です。海底温泉を模して仕込んだブクブクにもご注目ください。


・・・地味ですね(笑)
海底温泉という面白い環境が、水深10m以深という意外と身近なところにあって、そこにカニがいて、バクテリアを食べている・・・
華やかな生活を送っているとは到底言えませんが、知っていて損はない生き物です。ぜひ展示をご覧になって、こんなカニもいることを知っていただきたいと思います。
水族館の職員として、調査・採集に参加したら、「展示」がひとつの大きな目標です。今回は、生きているタイワンホウキガニを展示することができたので、これでまずは無事にミッション終了です。
豊潮丸でお世話になったみなさま、改めて、ありがとうございました。



2019.11.07 トリーター:足立・西川

2019/11/07 豊潮丸 硫黄島周辺海域生物採集調査航海(7)
航海日誌 7日目/西川

期間:2019年11月1日(金)~2019年11月8日(金)
場所:鹿児島県硫黄島周辺海域
目的:ドレッジやプランクトンネット、潜水による生物の採集および海洋環境調査


航海7日目。昨日からずっと船が動きっぱなしです。
今朝はゆらゆらと大きく揺れて船酔いしてしまいそうでしたが、それでも甲板に出れば日が差し、気持ちのよい朝でした。
今日は九州と四国の間で調査をしました。


ドレッジ採取物


ソリネット採取物

今回も砂が多く入っていましたが、これまでの水底調査の中では一番生物が多かったように思います。
特にソリネットでは、たくさんのエビやウミシダが採集できました。
水深が比較的浅めだったので温かい水温で飼育しています。

調査の合間のタイワンホウキガニのお世話では、1日1回エサをあげ、しばらくしたら食べ残したエサを回収し、水を換えます。
それから今回はプラスチックのサンプル瓶で飼育しているので、酸欠にならないように酸素を充填してから蓋をしています。
甲幅 2cmほどの大きい個体から、数mmの小さな個体までいるので、エサをいきわたらせるのは大変ですが、よく共食いをしてしまうそうなのでそんなところにも注意して管理しています。


オキアミを食べるタイワンホウキガニ


今日はプランクトンネット採集が、21時から 3時間毎に 5回あります。
これがこの航海の最後の調査です。
夜間の採集なので表層にあがってきた深海生物を採集できる可能性が高く、クラゲはもちろんですが珍しい深海魚も期待できます。
1回目、21時の調査結果はこんな感じでした。


21時プランクトンネット採取物

ヤムシやサフィリナというカイアシの仲間が採集できましたが、大きな生物はいませんでした。
この後もまだ 4回チャンスがありますので、ワクワクして今夜は寝られないですね。

最後に今回の航海で採取されたゴミを紹介します。
乗船時の自己紹介で、海のゴミを集めていますと言ったら笑いを取ることができました。
確かにゴミを集めているのは変人に見えるかもしれませんね。
現在、自然に分解されない海洋プラスチックを魚やイルカ、ウミガメなどが食べてしまうことが大きな問題になっています。
今回の航海だけでこれだけのゴミを集めることができました。
(豊潮丸乗船のみなさま、集めていただきありがとうございました。)
いつか海洋プラスチックを集めようとしても、全く採取されない調査航海に乗船したいです。


採取された海洋プラスチックゴミ


2019.11.06 トリーター:足立・西川

2019/11/06 豊潮丸 硫黄島周辺海域生物採集調査航海(6)
航海日誌 6日目/足立

期間:2019年11月1日(金)~2019年11月8日(金)
場所:鹿児島県硫黄島周辺海域
目的:ドレッジやプランクトンネット、潜水による生物の採集および海洋環境調査


朝 8時、鹿児島港を出航しました。
前半一緒に乗船していたかごしま水族館の方たちが見送りに来てくれました。


かごしま水族館のスタッフの方々


桜島


朝食後、昭和硫黄島で採集したタイワンホウキガニの大きさを測定しました。
このカニの研究をしている北里大の学生さんに、扱い方のコツなど色々教えてもらいました。
4mmから 1.5cmぐらいのものが各種サイズ採集できていましたが、雌雄の割合を見ると、かなり雄が多かったです。
水を換えて作業を終了すると11時ちょっと前。
今日の昼食当番の私はギリギリ間に合いました。



作業のようす


食器洗いが一段落してから甲板に出ると、美しい成層火山の開聞岳が見えました。
そして反対側には佐多岬。鹿児島湾ともお別れです。
豊潮丸は佐多岬を回って九州を北上し始めました。
湾を出たら揺れ始めました。
揺れる前に作業をしておいてよかった、、、、


開聞岳




2019.11.05 トリーター:足立・西川

2019/11/05 豊潮丸 硫黄島周辺海域生物採集調査航海(5)
航海日誌 5日目/西川

期間:2019年11月1日(金)~2019年11月8日(金)
場所:鹿児島県硫黄島周辺海域
目的:ドレッジやプランクトンネット、潜水による生物の採集および海洋環境調査


航海5日目です。
薩摩硫黄島を出港して今日はプランクトンネット、ドレッジ、ソリネットの 3種類の方法で採集調査を行いました。
プランクトンネットではオタマボヤやヤムシ、カニの幼生のメガロパなどを採集できました。



プランクトンネット採集調査風景

ドレッジ、ソリネットは水底のものを採取する道具で、私はこのどちらかの方法でエビやカニなどの甲殻類を採集することを目標としていましたが、この方法で採れたものはドレッジ、ソリネット共に砂でした。
砂や岩が多く採取されるとその網に入っている生物はつぶされてしまうことが多いのです。


ドレッジ採取物


ソリネット採取物

砂の中の生物を他の研究者の方と一緒に探し、サンゴの仲間や小さなカニ、ヤドカリなどを発見しました。
今回は大量に砂が採れたために、そこに混ざっていた生物も多かったです。


採集生物

必死で毎日過ごしているうちに、もう航海期間の半分が終わっていました。
採集できた生物にも気を遣いながら、残りの日程でさらに良いものが見られるといいですね。


2019.11.04 トリーター:足立・西川

2019/11/04 豊潮丸 硫黄島周辺海域生物採集調査航海(4)
航海日誌 4日目/足立

期間:2019年11月1日(金)~2019年11月8日(金)
場所:鹿児島県硫黄島周辺海域
目的:ドレッジやプランクトンネット、潜水による生物の採集および海洋環境調査


海底温泉に生息する生物群調査
薩摩硫黄島の硫黄岳からは依然噴煙が上がっていますが、ドッカーンという大きな音や地震なども感じられません。


薩摩硫黄島硫黄岳

今日も硫黄島海域での調査です。
豊潮丸でのプランクトンネット組、昭和硫黄島での陸上調査組および潜水調査組の3組に分かれて調査を行ないました。
8時に停泊していた薩摩硫黄島の港を出航し、上陸組と潜水組は、作業艇で昭和硫黄島へ向かいました。


薩摩硫黄島の港


作業艇


昭和硫黄島

この潜水調査を行うにあたって、潜水組は、数ヶ月前に放送された硫黄島の海中を扱ったテレビ番組をみて予習をしたのですが、イメージを持つのにとても役立ちました。


昨日よりもさらに島の近くで調査を行いました。
島の根元の壁にも目的のタイワンホウキガニはいたのですが、隙間に入っていて採集が難しかったので、少し離れた、ごろた石のあるところで採集を行いました。
湧き上がる泡や海底の砂に手を当てると温かいので、幸せな採集でした。


潜水調査中のNトリーター


タイワンホウキガニ

潜水採集は今日で終了なので、あとはこのカニたちを維持することに全力を尽くします。


船上でのキープ



2019.11.03 トリーター:足立・西川

2019/11/03 豊潮丸 硫黄島周辺海域生物採集調査航海(3)
航海日誌 3日目/西川

薩摩硫黄島
薩摩硫黄島
期間:2019年11月1日(金)~2019年11月8日(金)
場所:鹿児島県硫黄島周辺海域
目的:ドレッジやプランクトンネット、潜水による生物の採集および海洋環境調査


航海3日目です。
天候は晴れ、この航海中は天気の心配はいらないなと浮かれていたら、なんと上陸する予定の薩摩硫黄島が噴火しました!
これは本当に驚きでした。
私は雨男ならぬ噴火男?えのすいでも話題になっていたようです。
噴火警戒レベルは「2」に引きあげられ、火口周辺規制となりましたが、船は無事に到着し、今も薩摩硫黄島の港で航海日誌を書いています。

さて、今日の作業ですが、大きく分けて2つのことをやりました。
一つ目はドレッジです。
一日目にも実施した水底に沈めたネットを数分曳いて生物を採集する方法です。
今回は小さな石がたくさん採れ、その中からサンゴや貝を探し、研究へ利用します。
えのすいへ持ち帰れる生物は残念ながらいませんでした。


ドレッジ採集物

二つ目は潜水調査です。
噴火した硫黄島の周辺で潜水調査をしました。
大きな噴火をするんじゃないかとびくびくしていましたが、生物採集に夢中になっているとあっという間に時間が過ぎ、1時間以上潜っていました。
火山の近くなので海底からポコポコと無数の気泡(ガス)が出ていて、水底も床暖房のように温かいです。
この場所には面白い生態を持ったカニが生息しています。
今回はそのカニを目当てに潜っていましたが、無事に採集できましたのでそのカニについてはまた後日(水族館で?)説明しますね。


水底からの気泡

今日はとにかく地球の力強さを感じる一日でした。
明日も潜水調査を行う予定ですが、大きな噴火がなくこのまま無事に帰れるといいなあと思っています。
今回採集できたカニはえのすいで展示すると思いますのでお楽しみに!


2019.11.02 トリーター:足立・西川

2019/11/02 豊潮丸 硫黄島周辺海域生物採集調査航海(2)
航海日誌 2日目/足立

期間:2019年11月1日(金)~2019年11月8日(金)
場所:鹿児島県硫黄島周辺海域
目的:ドレッジやプランクトンネット、潜水による生物の採集および海洋環境調査


海底温泉に生息する生物群調査
航海2日目です。
朝 9時から種子島東(水深>1000m)で観測を行いました。
まずは、CTD付二スキンボトルで採水です。
水深が深いので、下ろすのもあげるのも時間がかかります。
1000m、700m、10mで採水しました。






続いてORIネット(大型のプランクトンネット)での採集を行いました。
水深約 1000mを水平に 1時間曳くので、こちらも時間がかかります。
10時ごろ投入し、あがってきたのは12時20分ごろでした。
大型のものでは、以下のような種類が採れました。
ヨコエソ、ムネエソ、オニハダカ、シンカイエビ、ムラサキカムリクラゲ、クロカムリクラゲ、ヒカリボヤなど。







この後、種子島の西之表港に入港し、集魚灯採集を行う予定です。


2019.11.01 トリーター:足立・西川

2019/11/01 豊潮丸 硫黄島周辺海域生物採集調査航海(1)
航海日誌 1日目/西川

期間:2019年11月1日(金)~2019年11月8日(金)
場所:鹿児島県硫黄島周辺海域
目的:ドレッジやプランクトンネット、潜水による生物の採集および海洋環境調査


現在、生物採集や海洋環境調査のために鹿児島県の硫黄島周辺海域へ来ています。
今回もトリーターは 2名の乗船です。
私は前回の勢水丸に続いて 2回目の長期航海ですが、もう一人は5月にも豊潮丸に乗船しているベテランクラゲトリーターです。
そのため今回の最終日にはクラゲ採集の時間を設けており、今現在えのすいにいないクラゲを採集し、展示を目指します。
もちろんクラゲ以外にもカニやエビなどの甲殻類を中心とした生物も採集し展示することが今回の目的です。


豊潮丸

今回乗船するのは広島大学の練習船「豊潮丸」です。
天候は快晴で波も高くなく、申し分ありません。気分よく乗船して生物の受け入れ準備をしました。
小さな船で作業できるスペースが限られているので、水槽を置かずにクーラーボックスで飼育をする予定ですが初めてのことなのでどうなるでしょうか。
生物を生かしたまま水族館へ連れていきたいですね。

お昼を食べてさっそく調査開始です。
今日はドレッジを1回行いました。
ドレッジはネットを海底に沈めてしばらく曳き、砂や礫、生物を取る方法です。


ドレッジ

浅めの水深を曳きましたが生物はあまりおらず、、、
小さなエビの仲間やゴカイの仲間が少し見られました。
これからもチャンスはありますので次回に期待ですね。


ドレッジ採集

今回の乗船期間は11月8日までの8日間です。
明日はプランクトンネットを使用する予定があり、今日とは違った生物が見られると思います。
もしかしたらクラゲが採れるかもしれませんね。
航海はまだ始まったばかりです。船酔いの心配もありますが今のところは食事もおいしく食べられています。
明日以降は船がもっと揺れるようになる可能性が高いですが、展示への情熱が揺らぐことのないように臨みたいと思います。


2019.09.04 トリーター:伊藤

2019/09/04 相模湾沿岸
奇妙でホントな生き物の動き

期間:2019年9月4日(水)
場所:相模湾沿岸各所
目的:海岸動物の生息状況の把握・展示用の採集


みなさま こんにちは。
まだまだ日中は暑いですが、朝夕は涼しくなりました。
久々に海に出る時間がとれたので、ひとり駆け足で、相模湾沿岸のポイントをバッシバシと回ってきました。

ポイント。
これまでに先輩から教わったり、自分で見つけたりした観察や採集に適したポイントがいくつか頭の中にリストアップされています。
時間がないときは、そんな鉄板の穴場に的を絞って、効率よく見てくるわけです。
こればっかりは、若いうちに色々行っておいて良かったと思っています。



チゴガニの巣穴

まずは干潟。すごくざっくり言って、砂や泥にスナガニ類、岩や岸壁にイワガニ類が多く生息します。
砂や泥の表面には小さな穴がぽつぽつ。
スコップでざっくりと堀りますと、穴の奥に隠れたチゴガニがわたわたと出てきます。
当館では大分うまく飼育できるようになったと思っているのですが、寿命が2年未満と短いので、たまに採集して、連れて帰ります。
開けた泥上にある大きめの穴は、ヤマトオサガニやアシハラガニのものです。
暖かい時期は隠れてもすぐに出てこれるようにか、穴の浅い部分で「隠れ不精」するものが多い気がします。
なので、穴に飛びついて、手をずぼっと差し込むと、つかめることが多いです。
たまに硬い石が埋まっていたりするので、突き指注意!です。




木登りするアカテガニ

干潟のまわりは林や草地になっており、石や漂着物がごろごろ。
こんな場所ではイワガニ類が主役になります。
今回はアカテガニとベンケイガニが多く見られました。
真っ赤でよく目立ちます。
この時期は活性が高くて立体活動しており、樹をクモのように駆け上がったり、風にたなびく草から草へ飛び移りながら移動します。
かっこいい!
素早くてあまりいい写真が撮れませんでしたが、雰囲気は伝わりますでしょうか。



海辺のツユクサ

ついでにツユクサ。
どこでも見られる雑草ですが、海辺のイメージはない方が多いのではないでしょうか。
ご覧の通り、海辺にもたくさん生えています。
当館の展示にも取り入れています。



漁港で拾ったコブヨコバサミ

お次は漁港。今回は時間もないので、船着きスロープ一択です。
漁師さんが投棄した大き目のヤドカリがよく見られますが、今日はちょっと不発気味。中くらいのコブヨコバサミがいただけでした。
代わりにタツナミガイがごろごろいましたので、タッチプール展示用に少し持ち帰ることにしました。

展示を作るとき、野外で見た「違和感」や「なさそうであること」が、ヒントになることもあります。
今回も面白いシーンをいくつも見ることが出来たので、いつか展示に生かしてみたいと思います。


2020/01/19 鹿児島湾及び周辺海域調査航海(5)

2020/01/18 鹿児島湾及び周辺海域調査航海(4)

2020/01/17 鹿児島湾及び周辺海域調査航海(3)

2020/01/16 相模湾鯨類調査

2020/01/16 鹿児島湾及び周辺海域調査航海(2)

2020/01/15 鹿児島湾及び周辺海域調査航海(1)

2020/01/11 相模湾・伊豆小笠原海域調査航海(5)

2020/01/10 相模湾・伊豆小笠原海域調査航海(4)

2020/01/09 相模湾・伊豆小笠原海域調査航海(3)

2020/01/08 相模湾・伊豆小笠原海域調査航海(2)

2020/01/07 相模湾・伊豆小笠原海域調査航海(1)

2019/12/26 豊潮丸 硫黄島周辺海域生物採集調査航海(8)

2019/11/07 豊潮丸 硫黄島周辺海域生物採集調査航海(7)

2019/11/06 豊潮丸 硫黄島周辺海域生物採集調査航海(6)

2019/11/05 豊潮丸 硫黄島周辺海域生物採集調査航海(5)

2019/11/04 豊潮丸 硫黄島周辺海域生物採集調査航海(4)

2019/11/03 豊潮丸 硫黄島周辺海域生物採集調査航海(3)

2019/11/02 豊潮丸 硫黄島周辺海域生物採集調査航海(2)

2019/11/01 豊潮丸 硫黄島周辺海域生物採集調査航海(1)

2019/09/04 相模湾沿岸

2019/08/09~08/12 岩手県宮古沖体験乗船(3)

2019/08/09~08/12 岩手県宮古沖体験乗船(2)

2019/08/08 岩手県宮古沖体験乗船(1)

2019/07/25 勢水丸 三重県沖生物採集航海(4)

2019/07/24 勢水丸 三重県沖生物採集航海(3)

2019/07/23 勢水丸 三重県沖生物採集航海(2)

2019/07/22 勢水丸 三重県沖生物採集航海(1)

2019/06/27 外来巻貝調査(1)

2019/05/30 豊潮丸 黒潮流域調査航海(11)

2019/05/29 豊潮丸 黒潮流域調査航海(10)