• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 航海・採集日誌

航海・採集日誌

2007.09.04 トリーター:小谷野

2007/09/04 逗子海岸アカウミガメ産卵(2)

期間:2007年6月19日〜2007年9月12日
場所:神奈川県 逗子海岸
目的:アカウミガメ産卵〜孵化 確認調査


アカウミガメの卵はだいたい50〜80日でふ化します。
もう78日目。不安な気持ちは強くなってきます。
あまり遅くなると、砂中温度・海水温ともに低下し、無事に卵がふ化し、子ガメが海に帰る可能性が低くなります。

この夜、私は運良くまだ仕事中でした。
「子ガメが18匹、海に帰っていったぞ!」
その電話を受けて、すぐに逗子海岸へと向かいました。ついに出てきた!子ガメが海に帰っていくところを見ることができるだろうか?

しかし、何時間待っても子ガメは一向に出てきません。
職場に戻らなければならない時間になり、後ろ髪をひかれながらもえのすいへ戻りました。子ガメの脱出(子ガメが砂から出てくること)は数日間続くことがあります。
それから何日間か待ちましたがついに子ガメが出てきたという知らせはありませんでした。

関連ページ
逗子海岸アカウミガメ産卵(1)
逗子海岸アカウミガメ産卵(3)

ウミガメの浜辺

子ガメの足跡

バックナンバー
一覧 RSS