• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 航海・採集日誌

航海・採集日誌

2016.05.09 トリーター:杉村

2016/05/09 相模湾初島沖調査航海(5)
5日目(最終日)

化学合成生態系水槽
化学合成生態系水槽
期間:2016年5月5日~2016年5月9日
場所:相模湾初島沖
目的:深海生物調査

今日は、JAMSTEC横須賀本部の岸壁に新青丸は着岸します。

早朝から下船の為に機材片付けやサンプルの処理を行いました。
本航海で入手した貴重なサンプルは、研究者のみなさんがそれぞれのテーマに沿って船上や陸のラボで様々な実験やデータの解析を行います。
当然私も水族館に持ち帰ったサンプルで長期飼育に関わる実験を行う予定です。

午前 10:00、横須賀本部に着岸すると、乗船者と新青丸の帰港を待っていた人たちによって次々と本航海の荷物が陸揚げされました。
この中には、水族館から迎えに来てくれた北嶋トリーター、鈴木トリーターもいて、彼らに手を借りてようやく私も下船支度が完了。
ついに下船となり、水族館へ向かいました。
終わってみるとなんだか寂しいです。

本航海は 5日間、潜航回数 3回と比較的短めの航海でしたが、予想に反して天候にも恵まれ、期間中全ての行程が予定通り行われました。
今回の相模湾の航海を振り返ってみると、これまでの日誌にも書いてきましたが、個人的にも非常に収穫も多い調査でした。
そして、実際に自分の目で見ることや発見することの大切さを感じた航海でもありました。
研究者のみなさん、HPDチームのみなさん、そして新青丸乗組員のみなさんありがとうございました。

これからは水族館でシロウリガイの長期飼育技術開発に関する飼育実験を行います。
彼らが大気圧下においてどのような条件で飼育下可能か、そしてどのような生態をしているのかを解明するためです。
この技術が確立されれば、今後の深海生物研究の前進に役立てると信じています。

今度はトリーター日誌とえのすいでお会いしましょう。
5日間の間この日誌にお付き合いいただきありがとうございました。


JAMSTEC(海洋研究開発機構)KS16-04「新青丸/ハイパードルフィン」による深海生物調査

新江ノ島水族館は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)と深海生物の長期飼育技術の開発に関する共同研究を行っています

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


バックナンバー
一覧 RSS

2018/11/16 沖縄トラフ伊平屋北海丘深海調査航海(2)

2018/11/15 沖縄トラフ伊平屋北海丘深海調査航海(1)

2018/07/07 江の島周辺海域・藻場モニタリング

2018/06/19 逗子沖海中映像撮影・生物調査

2018/06/01 江之浦海中映像撮影・生物調査

2018/04/06 伊豆諸島海域調査航海(4)

2018/04/05 伊豆諸島海域調査航海(3)

2018/04/04 伊豆諸島海域調査航海(2)

2018/04/03 伊豆諸島海域調査航海(1)

2018/02/28 東京湾干潟調査

2017/08/19 相模川カニ類調査(3)

2017/08/19 相模川カニ類調査(2)

2017/07/28 「ハガキにかこう海洋の夢コンテスト」入賞者体験乗船

2017/07/12 相模川カニ類調査(1)

2017/03/04 江の島海藻調査(4)

2017/02/28 江の島海藻調査(3)

2017/02/14 江の島海藻調査(2)

2017/02/14 初島沖 キンメダイ乗船採集

2017/02/13 江の島海藻調査(1)

2016/11/25 西部北太平洋調査航海(16)

2016/11/24 西部北太平洋調査航海(15)

2016/11/23 西部北太平洋調査航海(14)

2016/11/22 西部北太平洋調査航海(13)

2016/11/21 西部北太平洋調査航海(12)

2016/11/20 西部北太平洋調査航海(11)

2016/11/19 西部北太平洋調査航海(10)

2016/11/18 西部北太平洋調査航海(9)

2016/11/17 西部北太平洋調査航海(8)

2016/11/16 西部北太平洋調査航海(7)

2016/11/15 西部北太平洋調査航海(6)