• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 航海・採集日誌

航海・採集日誌

2016.11.11 トリーター:杉村

2016/11/11 西部北太平洋調査航海(2)
航海日誌2日目

期間:2016年11月10日~11月25日
場所:西部北太平洋
目的:「海洋酸性化の進行とその影響に関する研究」及び「海底電磁気観測による津波の早期警戒」


本日は午前から「操練」が行われました。
操練とは、船の緊急時の避難訓練だと思ってください。

これまで、「なつしま」や「新青丸」の航海でも操練は行ってきましたが、特に今回は非常に寒く、海水温も低い場所が調査海域であるということで念入りに行われました。
私たち研究者は、居室にあるヘルメット、救命用ベストそしてイマーションスーツ(防寒スーツ)をもって「よこすか」のファンネルデッキ(船の最上階に当たる広いデッキ)に集合した後、一等航海士よりさまざまな諸注意を受けました。
今回はそれだけではなく、イマーションスーツの着用訓練を初体験することが出来ました。


イマーションスーツ

このスーツを着ていれば、0℃の海水に飛び込んでも体温を奪われることなく、しかも浮いていられるという優れものだそうです。
いざ着用すると ・・・ 宇宙服?のよう。
訓練中ちょっと不謹慎ですが、ついはしゃいでしまいました。


押谷研究員が着用してます

周りを見渡すと、オレンジ色のもこもこスーツがずらり ・・・ デッキの上にはちょっと異様な光景が。
自分の命を守るスーツですのでこんなことを言ってはいけないのですが、なかなか見られる光景ではないので、思わずiPhoneのシャッターを切ってしまいました。


この海域にこのスーツが無い状態で飛び込めば、15分で気を失ってしまうそうです。
これから行く場所は私たち人間にとって、とても過酷な場所なんだと改めて実感しました。
訓練は重要ですね ・・・ 海でも ・・・ 陸でも。
実際に着ることにならないよう願いたいです。

海況は、今のところ良好。
船の揺れもそこそこ大きいですが特に辛くはありません。
・・・ですが、目的海域方面には、なにやら不穏な空気が漂っているよう。


「よこすか」からの夕焼け

さて明日は、どのような1日になるのでしょうか ・・・ 。
何かどんでん返しの予感が ・・・ 。


JAMSTEC(海洋研究開発機構)YK16-16 西部北太平洋「海洋酸性化の進行とその影響に関する研究」及び「海底電磁気観測による津波の早期警戒」を目的とした調査航海

新江ノ島水族館は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)と深海生物の長期飼育技術の開発に関する共同研究を行っています

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


このエントリーをはてなブックマークに追加
バックナンバー
一覧 RSS