• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 航海・採集日誌

航海・採集日誌

2016.11.13 トリーター:杉村

2016/11/13 西部北太平洋調査航海(4)
航海日誌4日目


期間:2016年11月10日~11月25日
場所:西部北太平洋
目的:「海洋酸性化の進行とその影響に関する研究」及び「海底電磁気観測による津波の早期警戒」


天候は曇り、風が冷たく寒いですね。
毎日、左右、前後に大きい揺れが絶え間なく続きます。
船尾で水平線を見ていると、船の揺れで目線の上の方にあった水平線が船尾の下に潜り込むように見えなくなる程です。
時折地震かと思うような下から突き上げるような揺れもしばしばあって、船上でありながらドキッとしてしまいます。
そんな揺れで私は・・・大丈夫。
船は強いようで元気です。

ほぼ予定通りに海底電磁気観測機の設置ポイントに到着しました。
表層水は 14.6℃、水深約 5,600m。
海水温は意外と暖かいですね。
到着すると明日の回収作業の前準備として観測機がちゃんと起動するのか音波を使って確認する作業に取りかかりました。


観測機からの信号を確認するために集まっています。

まずは、船上から観測機に向かって信号を送ります。
しばらくすると受信機からノイズに混じって「ピー、ピー、ピー・・」と信号がかえってきました。
ちょっとか細い感じがしましたが、無事反応してくれました。
みんな安堵のようす、担当研究者の先生もほっとしたことでしょう。
作動確認の後は設置水深のチェック。
送信機から信号。
すると観測機から「ピー」と返信。
受信機の水深メーターに 5,600m前後の水深値が表示されました。
予想水深と一致です、すごいですね。
船が観測機の近くにいないと信号は送受信出来ませんから、「よこすか」の操船技術の確かさにも改めて驚きました!!
※設置場所から半径 500mの円内ですと信号が取れるそうです。

予定の変更はあったものの、やるべき作業は今のところ順調!?のようです。
明日は、早朝 3時から回収作業が始まります。
私も観測機に装着しているプレートサンプルの回収作業が今回のミッションの1つにありますので、今日は早めに休んで明日に備えたいと思います。


プランクトンネットの準備(VMPSネット)

さて、いよいよ本格的な作業はスタートします。
揺れが激しいので、気をつけてやりたいと思います。

では、明日作業の無事終了がお伝えできるよう頑張ります。
本日はこれまで・・・。


JAMSTEC(海洋研究開発機構)YK16-16 西部北太平洋「海洋酸性化の進行とその影響に関する研究」及び「海底電磁気観測による津波の早期警戒」を目的とした調査航海

新江ノ島水族館は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)と深海生物の長期飼育技術の開発に関する共同研究を行っています

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


このエントリーをはてなブックマークに追加
バックナンバー
一覧 RSS