• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 航海・採集日誌

航海・採集日誌

2016.11.19 トリーター:杉村

2016/11/19 西部北太平洋調査航海(10)
航海日誌10日目

期間:2016年11月10日~11月25日
場所:西部北太平洋
目的:「海洋酸性化の進行とその影響に関する研究」及び「海底電磁気観測による津波の早期警戒」


朝、目が覚めてみると・・・ なんか揺れてる!!!
でも、今日は早朝から調査開始の予定だったはず・・・。
午前 6:30作業の準備をして1ラボまで降りていくと・・・
ホワイトボードにはまさかの「待機」の二文字が・・・
今日も待機ですか・・・ (>_<)。

そんな中にもちょっと感動的なこともありました。
ブリッジに上がると船の左舷側にたくさんのイルカがいるではありませんか。


「よこすか」のそばを泳ぐイルカ

体の大きさや体色からカマイルカのようでした。
40~50頭はいるでしょうか、こんなに大きなイルカの群れを見たのは初めてで、つい見入ってしまいました。
天候は雨、表層水温は約 7℃、波高 4m、風速 20mという中でもイルカたちは船のまわりを元気に泳ぎ回っていました。
逞しいですね、ちょっと得した気分でした。


こんな波の中でもイルカたちは元気!

イルカが幸運を運んでくれたのでしょうか、午後 1時を過ぎた辺りからしだいに風が弱まり始め、波も少し落ち着いてきました。
すると首席研究員の藤木さんから、「CTDスタンバイです!」の声がかかりました。
その声を聞くやいなや、“待ってました”とばかりにみんな一斉にラボを飛び出しました。
手際よく観測準備が終了すると、CTDは海中に消えていきました。
観測を終えてCTDが上甲板に降ろされると、みんなで一斉に採水に取りかかります。
※CTDには 12本のニスキンという採水器が取り付けてあります。


測定用の海水を採水中です

ニスキン1本につき採水瓶だけでざっと 10種類以上はあったでしょうか。
海水中の溶存酸素量や栄養塩の測定など・・・ 測定する内容によってフィルタを通したり、空気を混ぜないように瓶に移したりとなかなか大変そうです。
それだけ、測定には多くの測定項目や手間もかかると言うことなんですね

続いては、いよいよ我々プランクトン採集チームの出番です。
「しんかい6500」を支える巨大なフレームに、大きさ 1m前後のプランクトン採集ネットが吊されます。
何とも豪華なクレーンですね、ちょっと異様な感じがしました。


Aフレームにプランクトンネット

そうこうしているうちにネットは上げられ、プランクトンが採集されてきます。
集められたプランクトンは海水ごとビーカーに集められ、直ぐさまソーティング(選別)されていきます。
作業が終了した今・・・ 既に時計の針は午前 0時をまわっています。
もうちょっと、残務がありますのでもう一仕事してから今日は就寝です。

やっとのことで長い 1日が終わります。
と、いうことで今日のお話はここでおしまい。
どんな生物が採集されたかは、明日のお楽しみという事にいたしましょう。

では、お休みなさい。


JAMSTEC(海洋研究開発機構)YK16-16 西部北太平洋「海洋酸性化の進行とその影響に関する研究」及び「海底電磁気観測による津波の早期警戒」を目的とした調査航海

新江ノ島水族館は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)と深海生物の長期飼育技術の開発に関する共同研究を行っています

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


このエントリーをはてなブックマークに追加
バックナンバー
一覧 RSS