• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 研究発表

研究発表

プレドニゾロン長期投与中に化膿性肺炎で死亡したバンドウイルカ(Tursiops truncatus)1例

2015年10月 日本野生動物医学会誌 20(4) P75‐P83 (日本野生動物医学会)
寺沢 文男 ・ 櫻木 徹 ・ 野村 綾 ・ 高橋 公正



プレドニゾロン長期投与中に化膿性肺炎で死亡した
バンドウイルカ(Tursiops truncatus)1例

寺沢 文男(1) ・ 櫻木 徹(1) ・ 野村 綾(1) ・ 高橋 公正(2)
 (1) 新江ノ島水族館
 (2) 日本獣医生命科学大獣医病理学教室

要 約
第1病日、推定19歳以上の雌のバンドウイルカが肛門に黒色粘性便を付け食欲廃絶した。第8病日プレドニゾロンは120mg(0.45mg/kg)から始め、抗生物質を併用し23ヵ月投与した。状態を見て減量し第72病日より49日休薬できた。第151病日より再発した。減量を試みたが、状態悪化を繰り返し、死亡するまでプレドニゾロンは0.09~0.92mg/kgで投与し続けた。第726病日、化膿性肺炎で死亡した。



Fetal Purulent Pneumonia in a Bottlenose Dolphin (Tursiops truncatus
with Long-Term Prednisolone Administration

Fumio TERASAWA(1), Toru SAKURAGI(1), Aya NOMURA(1) and
Kimimasa TAKAHASHI(2)
 (1) Enoshima Aquarium
 (2) Department of Veterinary Pathology,
   Nippon Veterinary and Animal Science University

ABSTRACT
On day 1, a female bottlenose dolphin (Tursiops truncatus) estimated to be more than 19-years-old, became anorexic and had viscous black feces adhered to its anus. On day 8, prednisolone 120mg (0.45mg/kg) began to be administered. Thereafter, the dolphin was treated in combination with prednisolone and antibiotics over approximately 23 months. Prednisolone was tapered based on the clinical condition, and withdrawn for 49 days from day 72. However, on day 151, the symptoms returned and prednisolone therapy was restarted. Prednisolone therapy, the doses of 0.09-0.92 mg/kg, should have to be continued until its death because whenever the symptoms were relapsed in the course of tapering prednisolone. On day 726, the dolphin died of purulent pneumonia.

モンガラカワハギ

化学合成水槽における経時観察からわかるシロウリガイ類の行動

簡易的なゴエモンコシオリエビの長期飼育方法

イシガイ科淡水二枚貝の成貝6種と幼生2種の塩分耐性

相模湾の江の島周辺におけるミドリイガイの冬季生残率に地点差をもたらす要因について

境川河口域におけるアミメノコギリガザミの初記録

関東地方固有種キイロホソゴミムシ(コウチュウ目オサムシ科)によるトビイロウンカ(カメムシ目ウンカ科)捕食の初記録

2016年に相模湾から得られたウバザメ(ネズミザメ目ウバザメ科)と国内における出現状況

相模湾におけるマダラトビエイの初記録

相模湾における稀種アマシイラ(スズキ目アマシイラ科)の記録

化学合成生態系を構成する生物の飼育方法

タナゴ類の産卵母貝イシガイ類の幼生を調べて守る~ヨコハマシジラガイとマツカサガイを例に~

相模湾で混獲されたオサガメ

BEMSにより測定された屋外ウミガメプールの日中水温変化について.

Redescription of Luetkenia elongata (Copepoda:Siphonostomatoida:Pandaridae),an ectoparasite of Luvarus imperialis (Actinopterygii:Perciformes:Luvaridae),with a new record from Japanese waters

イワシとシラスの周知を目的としたイベントの開催について

実験飼育下で判明したカラスガイ幼生の宿主魚類

ゴマフアザラシ飼育繁殖の現状と課題

新施設における今後の繁殖に備えて

バンドウイルカにおける子獣隔離治療の一例

関東地方の3水域に生息する魚類へのマツカサガイ幼生の寄生状況と,ジュズカケハゼ類からの変態稚貝の出現

Jellyfish Exhibits in Enoshima Aquarium

A Small Cetacean Kept at Enoshima Aquarium from 1957 to 2015

Long-term Cultivation of the Deep-Sea Clam Calyptogena okutanii : Changes in the Abundance of Chemoautotrophic Symbiont, Elemental Sulfur, and Mucus

飼育下で見られたタコブネの行動

Record of five new host speies for the glochidia of the freshwater unionid mussel Cristaria tenuis

イシガイ科二枚貝稚貝の底質での潜行行動

相模湾奥の江の島周辺におけるミドリイガイの冬季生残率に地点差をもたらす要因について

相模湾におけるミズテング(ヒメ目エソ科)の記録と形態

アオウミガメの図形認識能力について