• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 研究発表

研究発表

イワシとシラスの周知を目的としたイベントの開催について

2016年11月 平成28年度 関東東北・北海道ブロック水族館技術者研究会 口頭発表(日本動物園水族館協会)
樋口 理紗



イワシとシラスの周知を目的としたイベントの開催について

樋口 理紗
新江ノ島水族館

[要旨] 当館では、2004年の開館当初から大水槽における相模湾の代表魚であるマイワシの群泳の展示に力を入れている。また2014年からは、湘南の名産のひとつであるカタクチイワシの稚魚「シラス」の展示も行っている。地味な魚でありながらイワシの人気は高き、来館者の声を聞いていると、イワシ、シラスそれぞれ単体の認知度は高いが、シラスは何の魚の子なのか、なぜイワシは群れれているのか、餌は何を食べているのかなど生態についての理解度は低い。そこで、10月4日「イワシの日」にイワシとシラスをテーマとした体験型のイベントを開催しており、今年で5回目の開催となる。当イベントでは展示や解説だけでは伝えることが難しい内容を実際の飼育体験を通してさらなる興味をもってもらい、最終的には産地である相模湾について理解を深めてもらう事を目的としている。参加者はホームページやSNSで募り、マイワシとシラスの展示水槽の解説、大水槽のマイワシの給餌体験、バックヤード飼育水槽の見学、シオミズツボワムシのカウント体験、卵や孵化仔魚の観察などを体験した後、座学でイワシの分類や飼育について学ぶ。
 湘南の名物でもあるシラスの注目度は高く、年々応募者は増加しており、抽選を行う年もあるほどで、人気は衰えない。イベント終了後の声やSNSでのコメントによれば、イワシやシラスへの興味を深めた参加者も増えており、今後も引き続きイベント開催の必要性を感じている。
 今回は、当館でこれまで実施した「イワシの日」のイベントの概要を紹介し、水族館でのイベントの在り方について考察した。

タギリカクレエビの初期生活史と飼育方法

飼育下で観察されたシチヨウシンカイヒバリガイの運動について

有人潜水調査船しんかい2000を活用した連動プログラムについて

「ハガキにかこう海洋の夢コンテスト」を題材にした水族館における教育普及活動

[原著論文] 江の島の海岸に出現するヌマガエルの塩分耐性について

化学合成生態系生物の飼育と観察事例

アンケート結果から分析した日本の鯨類飼育施設における長期飼育及び繁殖の現状

子獣トレーニングと出産前後の母獣トレーニング

青森県姉沼におけるフネドブガイの初記録とイシガイ科4種の宿主利用状況

[宿題調査報告] ウミガメ類の飼育と繁殖について

Effects of a long-term rearing system for deep-sea vesicomyid clams on host survival and endosymbiont retention

Obtaining polyps of Color jelly(Catostylus mosaicus)

Effect of Head Shape Change with Growth on the Dolphin Drafting of Bottlenose Dolphin

モンガラカワハギ

化学合成水槽における経時観察からわかるシロウリガイ類の行動

簡易的なゴエモンコシオリエビの長期飼育方法

イシガイ科淡水二枚貝の成貝6種と幼生2種の塩分耐性

相模湾の江の島周辺におけるミドリイガイの冬季生残率に地点差をもたらす要因について

境川河口域におけるアミメノコギリガザミの初記録

関東地方固有種キイロホソゴミムシ(コウチュウ目オサムシ科)によるトビイロウンカ(カメムシ目ウンカ科)捕食の初記録

2016年に相模湾から得られたウバザメ(ネズミザメ目ウバザメ科)と国内における出現状況

相模湾におけるマダラトビエイの初記録

相模湾における稀種アマシイラ(スズキ目アマシイラ科)の記録

化学合成生態系を構成する生物の飼育方法

タナゴ類の産卵母貝イシガイ類の幼生を調べて守る~ヨコハマシジラガイとマツカサガイを例に~

相模湾で混獲されたオサガメ

BEMSにより測定された屋外ウミガメプールの日中水温変化について.

Redescription of Luetkenia elongata (Copepoda:Siphonostomatoida:Pandaridae),an ectoparasite of Luvarus imperialis (Actinopterygii:Perciformes:Luvaridae),with a new record from Japanese waters

イワシとシラスの周知を目的としたイベントの開催について

実験飼育下で判明したカラスガイ幼生の宿主魚類