• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2018.02.22 トリーター:加登岡

2018/02/22 小道具

カマイルカ「セブン」
カマイルカ「セブン」

水族館の道具は外部の業者に制作をお願いする場合もありますが、飼育員が自分で作製することが多いです。
今回私も簡単な小道具を作成しました。
何かというとイルカの体長を測るための道具です。現在セブンの体長測定するトレーニングをしています。

当館でイルカの体長を測るときは陸場に上がって来てもらい、床に吻先と尾鰭の二か所の部分の印を付けて、その2点の長さを計測しています。
しかし、セブンを飼育しているプールには陸場が少なく、この方法が取れません。
他にもこういった理由で体長が測れない個体は、水面でお腹を上にした状態で浮かんでもらい、メジャーを這わせるようにしています。

セブンもこの方法で何度か測定は出来ていたのですが、メジャーが怖くてなかなか上手く測れませんでした。
メジャーにならすトレーニングを同時にしつつ別の方法も検討しました。
それが今回作成した道具です。
まず最初に作ったのは竹の棒に白い四角のブロックを付けた物です。


この白い部分に吻先を付けるようにトレーニングし、姿勢が真っ直ぐになるように誘導します。

そして次に作ったのは塩ビのパイプ2本にメジャーを巻き付けた物です。


これにも白いブロックを付けておき、一本は吻先に、もう一本は尾鰭に当てて、そのままメジャーで測定しました。メジャーの長さの調整は一方の塩ビをくるくる回して巻き付けて調整していました。しかし、柔らかいメジャーを使ったので、たるんでしまい、巻き付けてもずれてしました。大失敗でした。


そこで改良です。今度は金属製のメジャーを使用しました。また自動で巻き取ることもできるようになっているのでたるむこともなく使用できます。これで測定の精度が上がります。
あとはセブンがこの道具に驚かないようにすることです。



実際に使用してみるとセブンもメジャーをお腹に這わせるよりもこっちの方が落ち着いてくれています。あとは回数を重ねてもっとならすだけです。
不定期にトレーニングをしていますが、タイミングが合えばみなさんにも見てもらえるかもしれません。

イルカショースタジアム


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!