• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2020.07.27 トリーター:加登岡

2020/07/27 大冒険


前回のトリーター日誌で紹介したなかなか姿を見せないリュウキュウフジナマコですが、写真が撮れたので紹介したいと思います。

このリュウキュウフジナマコ、どうやら夜行性のようです。“えのすい”では初めての展示となるため、満を持して登場!させようと思っていたのですが、残念ながらみなさんにお披露目するのは写真のみになりそうです。
日中は岩の下に隠れてしまっており、その姿を見せることはありません。
開館前に水槽の照明がついた時にたまに見られるかどうか、しかも体のごく一部、すぐに見えない暗い所に隠れてしまいます。

水槽には大きい個体と小さい個体の2匹のリュウキュウフジナマコがいます。水槽のレイアウトを少し変えるために、岩を動かしていたら、大きい方のナマコが岩の穴の中に体を少し入れて隠れていました。
その時に明るい所に少しだけ出てもらい、撮れた写真がこちらです。


薄茶色にトゲトゲしたボディが特徴的なナマコです。驚いたことにかなり移動スピードが速いです。すぐに暗い所に移動していきます。


写真の細い方が先頭なのですが、このように細くなって、太くなってと体の形を変えながら、芋虫のように移動するのです。

これは人為的に見つけだしたのですが、その他に全身を拝むことができたのは、当直の時で、夜11時頃まっくらな水槽の壁にへばりついていました。見つけた時は驚きすぎて、一人で大声出していました。ようやく自然に全身見ることができたことへの歓喜です。この時見たのも大きい方のナマコだったので、もう1匹の小さい方を見ることができていませんでした。

ナマコは死んでしまうと、溶けてしまいます。そのため、もう死んでしまっているのかとも思いました。しかし、ナマコの死=水質の悪化 なので、水槽のようすを見てもそんな感じがしません。
しかし、出会いは突然でした。ある日、濾過槽の掃除をしようとしたら、なんとそこに…



「いた!!!」
そこは水槽から少し離れた位置にあります。ここに至るためには山を越え、谷を越え(狭い隙間や配管)なければなりません。


写真中央が展示水槽です。写真右側にあるのが、リュウキュウフジナマコが発見された濾過槽です。
この濾過槽に行くにはまず、水槽の狭い隙間を通るか、40㎝程陸路で壁を登らなくてはなりません。おそらく前者なのですが、ナマコよりはるかに細い隙間です。しかも魚が吸い込まれないように補強されています。



そして、次の難関は配管への侵入です。ぼこぼことエアレーションしている所を通過して、中央のパイプに入らないとなりません。ここへ入ると1m程下って、さらによこに2m移動し、50cm程登り、ようやく濾過槽にたどり着きます。
数々の難所を乗り越え、ようやく濾過槽に辿り着けるのです。
ナマコの行動力に驚かされました。

ナマコは水をきれいにしてくれる生物です。
沖縄の浅い海を再現した水槽では、主役級に活躍してもらおうと展示しましたが、今は水槽維持を影で支える立役者として、活躍してもらうことにしました。
次に会えるのはいつの日か…
みなさんの中に、出会える幸運な方がいることを信じて、これからも探していきたいと思います。

太平洋


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!