• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 航海・採集日誌

航海・採集日誌

2015.08.04 トリーター:杉村

2015/08/04 中部沖縄トラフ調査航海(9)
9日目

今日はとっても波が静かです
今日はとっても波が静かです
期間:2015年7月27日~2015年8月7日
場所:中部沖縄トラフ
目的:中部沖縄トラフ熱水活動域における熱水化学および化学合成(微)生物学調査


29日から始まりました調査潜航も今夜で最後です。
昨夜と今夜は生物・岩石系の潜航とは違い、海底地形のマッピングを行う潜航です。
数百万はするような(ひょっとしたらもっとするかも・・・)最新の大型機器を使って、海底を撮影していきますので、我々はラボから計測のようす見るだけです。

そんな潜航の合間に研究者に皆さんと熱水や鉱物採掘の話をしていると・・・

沖縄の海底は、熱水の多く噴き出る場所で貴重な鉱物も見つかり始めて、色々な意味で近年注目されています。
熱水噴出域では私たちの生命の起源に関わるヒントがあると考えられ、日夜研究されています。
今後、海底資源確保のため本格的な採掘などが始まると、この生命の起源たる場所や生物群集はどうなってしまうのだろうか?
・・・私たちも研究のためにチムニーや岩石、生物を採集しますが、壊したりはしません・・・
周りには何も見えない海の真ん中のこの下に、熱水に群がって地球のエネルギーを栄養に生きている深海生物たちを見ていると特に考えてしまいます。
我々の生活のためとはいえ、何とか彼らを保全してあげられないのかと・・・
一度無くなった生態系は、ほとんど戻ってきません。
JAMSTECとの共同研究でしている「深海生物の長期飼育技術開発の研究」にはとても大きな意味があることを痛感します。
早ければ10年以内に採掘などの計画は始まってしまいそうな勢いです。
「ちょっと!待った!!」
と、ねるとん(ちょっと古いか)ばりに手を上げられるよう、保全飼育を頑張らねば・・・
と、独り言を言って今日の日誌にしたいと思います。
ではまた、明日。


シロウリガイの仲間:結構大きいです


「なつしま」の食堂です


JAMSTEC(海洋研究開発機構)NT15-14「なつしま/ハイパードルフィン」による中部沖縄トラフ熱水活動域における熱水化学および化学合成(微)生物学調査

新江ノ島水族館は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)と深海生物の長期飼育技術の開発に関する共同研究を行っています

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


このエントリーをはてなブックマークに追加
バックナンバー
一覧 RSS